イギリス8(ハギス)

 エジンバラで、スコットランドショーを鑑賞しながらいただいた料理です。

 ローストビーフ、野菜スープ(大麦入り)、アップルパイ、ハギス等イギリスを象徴するような料理が出ました。

「ハギス」は羊の内臓(心臓、肝臓、肺など)のミンチをオート麦や刻んだ玉ねぎ、牛脂、ハーブなどとともに羊の胃袋に詰めて茹でたスコットランドの伝統料理でスコッチウイスキーに合うといわれています。

 料理の作り方を見ても出された料理を見ても食指が動く人は少ないのではないかと思います。

 フランスのシラク大統領が、イギリス料理のまずさの例としてハギスを指し「あれほど酷い料理を食べるような人間を信用することはできない」といって物議をかもしたのは有名な話です。これに関して、当時の外相は「ハギスに関してならごもっとも」と受け入れたそうで、自国でも評価はいろいろということなのでしょうね。

 また、ジョークではあれ、G8でアメリカのブッシュ大統領(息子)は「ハギスが出ないことを祈る」と言ったとか。

 私は「おいしい」「まずい」を超えて「なんでこんなものを食べるのだろう」というのが正直な感想でした。

 ハギスのイラストは何ともみすぼらしいのですが、胃袋に詰めた状態のものを切って取り出すという、セレモニーのようなことを経て中身だけ皿に移したためです。

 このショーには、いろいろな国からの観光客がたくさんいて、その国の代表的な音楽が奏でられると立ち上がって歌うのですが、日本はどんな曲が流れるのだろうと思っていたら、「すき焼きソング」(上を向いて歩こう)が演奏され、歌詞を完全に覚えている人は少なくみんなしどろもどろで歌いました。

 バグパイプ入りのスコットランド民謡とダンスが続く中、Tさんが突如ハンカチを振り回しながら舞台で即興の踊りを披露され、満場拍手喝采で盛り上がったシーンは今でもしっかりと脳裏に焼き付いています。

 

 

イギリス7(ヨークシャープディング、デザート)

  ローストビーフとヨークシャープディングは、機内食にも出ましたがどちらもイギリスを代表する伝統食です。

  ヨークシャープディングは「膨れそこなったジャンボシューを逆さに置いたような感じ」と感想を記していますが、アメリカのポップオーバーとよく似ています。

  2015年頃、ポップオーバーがブームになるだろうといってテレビの料理番組で取り上げていたので、私もブームに先駆けようと勇んで料理教室のメニューに加えたのですが、あまり話題にも上りませんでした。

  ローストビーフは、ホースラディッシュ(西洋わさび)をつけて食べます。

 「食研修」の旅では、できるだけ色々なものを味わってみたいというわけで、選択可能なデザートの時は、自分の好みは度外視し皆で分担して違うものを選びます。4人が選んだのは「シュークリーム」「チョコレートケーキ」「アップルパイ」といった焼き菓子、それに「チーズとフルーツ」。

  これを少しずつ分け合っていただきましたが、こんな食べ方はあんまり満足感はなく、本当に味わって食べているかどうか疑問です。

 

イギリス6(グラスゴー)

 スコットランド1の人口を持つ工業都市グラスゴーで昼食をとりました。

 サラダは、バイキング方式で、目移りするほどいろいろな種類がありました。

 メインディッシュとデザートは次回に回し、今回はグラスゴーでの出来事に関連した話から、日本との関わりに少し触れてみます。

 レストランの近くにスコットランドの国民的詩人として有名な「ロバート・バーンズ」の像があると聞き、つたない英語で尋ねてもなかなか通じず、彼の作詞した民謡のメロディが「蛍の光」なので「蛍の光」を口ずさむという原始的な伝達手段を試みましたがそんなことで伝わるはずもなく、、、それでも何とかたどり着きました。

蛍の光」に限らず、スコットランド民謡の中には日本でもなじみの唄が多いですね。「夕空晴れて秋風ふき」で始まる「故郷の空」や「アニーローリー」「私のボニー」など一度は耳にしたことがある人も多いと思います。「蛍の光」は卒業式の定番ともいえる歌だし「故郷の空」もよく口ずさんでいたので、子供のころはてっきり日本の唄だと思い込んでいました。

 グラスゴー大学は550年以上の歴史を持つ世界的に高い評価のある大学で、ゴシック様式の美しい校舎は観光名所としても有名です。

 日本からは化学者の高峰譲吉やニッカウイスキー竹鶴政孝(ドラマ「マッサン」のモデル)も留学し、帰国後活躍しています。

 開校500年を記念して1951年に建てられたというメモリアルゲートには、学業優秀で、後世に名を遺した卒業生の名前が刻まれているというので、日本人の名前はないかと一生懸命探しましたが、私が知っている名前はジェームズ・ワットとアダム・スミスでくらいでした。

 

イギリス5(ジビエ)

   スコットランドのレストランでの昼食。

 とても感じの良いご夫婦が経営されているこぢんまりとしたレストランで、料理もイギリスにしては結構手が込んでいて話も弾み、食後キッチンを見学させていただきました。

 イラストを見ると6種類も料理があるように見えますが、他の方の分も描いたためで、基本はオードブル、メインディッシュ、デザートで、私が食べたのは上に描いた3つです。

「鹿肉のパイ」を注文された方は、自分で選ばれたのに「鹿を食べるなんて、かわいそうねえ」などと言いながら口にされていました。

 こんな情景を見ると、昔読んだ「肉食の思想-ヨーロッパ精神の再発見-」(鯖田豊之著、中公新書)を思いおこします。初版が1966年ですから半世紀以上も前に書かれたものですが、「肉食」をキーワードとした比較文化論の展開は今読んでも色あせず、再度読んでみたい思いに駆られます。

 野生動物の肉をフランス語で「ジビエ」といい、日本でもイノシシやシカを使った鍋料理などはありますが、西欧に比べるとマイナーな存在です。

 1990年代以降、「ジビエ」への注目度が高まってきましたが、その背景には、野生のシカやイノシシなどによる農作物の被害が増え続けてきたことがあげられます。

 野生動物による農作物の被害を少しでも食い止め、捕獲後の肉を活かしたら一石二鳥のような気がしますが、専門の解体処理施設が少ない日本では供給面でのむつかしさがあるようです。

 それに、牛・豚・鶏肉に比べて低脂肪かつ高タンパクというヘルシーさが注目されているとはいえ、嗜好性の点も含めて「ジビエ」の浸透はまだまだ先のような気がします。

 

 

イギリス4(好評だった夕食)

「まずい」の汚名を返上した、スコットランドインバーネスのホテルでの夕食です。 

 「出発以来やっとおいしい食事にありついた」なんて書いていますが、楽しみにしていたスコットランドの特産品スモークサーモンがきれいに盛り付けられて出ただけですでに合格!

 期待を裏切らないおいしさでした。

  スープにも、メインディッシュの付け合わせにもじゃがいもが使われており、イギリスの食事でじゃがいもの入っていないものは皆無といってよいくらいです。

 じゃがいもって世界中、どこでもよく食べられていると思っていたのですが、イラストに登場するじゃがいも料理は欧米では多いのに、アジアでは少ない傾向がみられます。

 例えば、中国では料理892皿のうちじゃがいも料理は8皿(このうち4皿は千切り炒め)、韓国は260皿中3皿、それも付け足しみたいな扱われ方であり、台湾に至っては204皿中ゼロ、ベトナムシンガポール、マレーシア、インドネシアも似たようなものでした。皿数はデザートとフルーツ、ご飯を除いたものです。

  スコットランドのスープには、大麦が入っているものが多く、そういえば、NHKの連続ドラマ「マッサン」で有名になったスコッチウイスキーは大麦が原料で、中島みゆきが歌った主題歌は「麦の唄」でした。

 「麦の唄」を聞くと、 歌詞とは関連がないのですが、ウイスキー工場の見学をしたこと、バスからブレア城を横目に景色を楽しんだこと、ヒースの花が咲き乱れる中で様々なポーズで写真を撮りまくったことなどが次々と懐かしく思い出され、旅を共にした方々と語り合いたいと思うのですが、残念ながら多くの方は亡くなられ少々寂しい思いをしています。

 

イギリス3(不評だった夕食)

 昼食と同じレストランということもあって、代り映えがせず何だか同じものを食べたみたいで、おまけに取り立てておいしいというわけでもなく不評を買った夕食です。

  メインのラムローストの付け合わせはポテト、グリンピース、トマト。昼と同じです。

 イギリス人が好きなのはじゃがいもと肉といわれていますが、まさにその典型です。

 「スコッチブロス」は肉や野菜、大麦、豆などがたっぶり入った具沢山のスコットランドの代表的なスープで、イタリアの「ミネストローネ」を素朴にしたような感じです。

 イギリス料理の一般的な評価は「まずい」ですが、まずさの特徴の一つが料理に味がついていないということにもあるようです。焼くと茹でるが基本で、調味は、各自好みで塩・胡椒をかけてどうぞというものです。

 味の感じ方は人それぞれなのだから食べる人にゆだねる、味付けは料理人の責任ではなく客の自己責任、素材が美味しいから、やたら調味しなくてよいのだとも聞きましたけど手抜きのような気がしないでもありません。

 このツアー、旅行代金もそれなりに高かったせいもあり「高い旅行費用の割に料理がお粗末」と参加者から不満が出たのですが、私はイギリスの料理にあまり期待していなかったので「まずいと言われる本場に来たのだからこんなものなのだろう」くらいの感覚で、失望感は少なかったのですが。

 

イギリス2(レストランのフィッシュ&チップス)

 1988年の「スコットランド・南仏食品事情視察」と題したツアーで、スコットランド到着後初めての食事。エジンバラのレストランで出たものです

 「フィッシュ&チップス」は新聞紙に包んで渡される、というような話を随分前に本で読んだことがあり(現在は新聞紙を包装紙に使用することは衛生面の点で禁止されているようです)、それが頭にこびりついていたので、レストランで皿に盛られてきたときはイメージが違って別の料理かと思ったほどです。

 ビールのおつまみみたいな存在かなと思っていたのですが、 パブもレストランも、「フィッシュ&チップス」はメインとしての位置づけでした

  同じ「フィッシュ&チップス」でも、レストランのそれは、器や盛り付けが心持ちグレードアップし、フライ用のタルタルソースはちょっと気取ってグラス(レースペーパーを敷いて)に入っていました。

 魚は白身魚、特にタラが多いようです。

 イギリスで出るデザートは紅茶に合うような焼き菓子、それも甘ったるいものが多い気がします。